松本いちか【密室ロッカー内VR】 美術部の【ロッカーの中】に可愛い後輩と2人きりで入ると

松本いちか

松本いちか 【VR】 美術部の【ロッカーの中】に可愛い後輩と2人きり

女優:松本いちか

パソコン、iPhone、Android、Gear VR、Oculus Go、Meta Quest 3、Meta Quest 2、Meta Quest Pro、PICO 4、PlayStation VR、PlayStation VR2、Xperia View

2020/01/13 時間:74分

メーカー:SODクリエイト

シリーズ:密室ロッカー内VR

ハイクオリティVR 単体作品 VR専用 中出し 手コキ 騎乗位 恋愛 学生服

この作品は、松本いちかさんが初めてのVR作品に挑戦するものです。後輩のいちかから卒業記念にデッサンモデルを頼まれ、先輩の裸姿を写生したいという彼女の瞳に見つめられ、内緒で秘密の時間を過ごすことになります。

感情が高まり、どんどん勃起してくるチ●ポ…その最中、同級生たちが部屋に近づいてきてしまいます。

急いでロッカーに避難することになります。

「先輩、先輩、近いです…ハァハァハァ」と彼女が言いながら、全裸のまま狭いロッカーに閉じ込められるというドキドキ体験が待っています。そこはまさに、密室ヘブンと言えるでしょう!

この作品はバイノーラル録音されていますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

AV大好きキャンペーン2024では、松本いちかちゃんが生出演します!この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。

VR専用作品は、必ず動作環境や対応デバイスを確認してからご購入ください。配信方法によって収録内容が異なる場合があるので、ご注意ください。

特集では、最新作やセール商品など、お得な情報がたくさん詰まった『SODクリエイトのブランドストア』をご紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

松本いちか 【VR】 美術部の【ロッカーの中】に可愛い後輩と2人きり 口コミ

久留木玲ちゃんを巨人にしたこの監督、今度は松本いちかちゃんを小人化させました。顔が近い時は等身大なのに、お口のプレイのため股間に降りるとみるみる小さくなります。

自分の下半身もいちかちゃんも半分ぐらいの大きさ。何だこりゃ。リアル感は皆無です。ロッカーの中とか、等身大の時は顔が近すぎて、割れた顔にピントを合わせるのに苦労します。

興奮するどころか目と脳がぐったり疲れて気持ち悪くなり、何度も見るのを中止しました。

この監督の作品は赤味が強くて画質が悪く、いちかちゃんの透き通って輝く白い肌も台無しです。

ダメな機材でダメな作品を撮り続けるダメ監督を批判してもきりがないので、SODの監督人選に一言。新人をきちんと綺麗に撮れる専門の監督と機材を用意して、2Dの映像美を忠実にVR化してください。

松本いちかちゃんの可愛さだけで星ひとつ。

距離で大きさが変わることがいかに恥ずかしいものか、前田文豪氏の「睨まレ●プVR 二宮ひかり」を見て勉強し、この監督には新人を撮らせないでください。

あらすじ読むとわかるのですが、この後輩は最初から僕の事が好きだったりするので、ロッカーに籠もる事で発情するわけではないのですが、エロい見世物としての基本的構成は悪くないと思います。

こだわりのゴム描写をしている割に、編集が特に終盤ちょいちょい入るのが引っかかるっちゃ引っかかるのですが、座り姿勢でのゴム姦で一発→お掃除フェラの後に「まだ勃ってる(よ)…続きしてもいいですか」からのエロ展開がクるものがあったから、称賛するしかないですね。

松本いちかは、演技も艶技も拙さはあるものの棒感は薄く、パッと見現役JKかつヤリマン感が薄い感じなのに、なかなか頑張ってて好感がもてます。というか好き。

どちらかというと受け身ガチだと思っていたけど、そうでもないですしね。

松本いちかちゃんのVRデビュー作は、期待していた素人っぽい美少女の魅力が生きているものの、いくつかの点で残念な結果となりました。

先にコメントで挙げられていた映像の問題も、私も同様に感じました。

VR作品を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。

・女優の容姿、演技、Hのスキル
・内容や収録時間、全裸シーンの有無(これは重要です)
・メーカーや監督
・映像とカメラワークの質

今回の作品では、女優の容姿や演技は良かったので、星2つを付けました。ただし、映像の質に関してはばらつきがあり、今回は期待外れでした。

SODは多くの作品をリリースしている印象があり、専属女優や企画単体女優の作品でも駄作が多いと感じます。ただし、永野いち夏ちゃんの作品のように、一部の監督の作品は良質なものもあります。

実際に購入して視聴しないと判断がつかない作品もあります。SODの場合、他のメーカーと比較して博打的要素が強いと言えます。個人的には、ムーディーズ、エスワン、お夜食系、アリスJは安定していると思います。

総合的な評価としては、5つ星の作品はゴーグルを装着してストレスなく視聴でき、満足感を得られるものです。

松本いちかちゃんは、棒演技ではなく素人感の魅力があり、ロッカーシチュエーションも良かったです。

彼女の感じる表情や笑顔は天使のようで、VRで間近に見れることは至福でした。彼女の笑顔には、芸能界で成功しそうな魅力があります。

ただし、同じ監督の作品と比べると小倉由菜の雪山遭難VRは非常に良かったので、今回の作品の画質の問題にはがっかりしました。

シャツの輪郭や髪のつぶれから見て、画質の加工が過剰であり、低画質の機材で撮影されたものをアップスケールし、ボケボケをごまかしているのではないかと疑ってしまうほどです。他の作品は4Kスマホでより高解像度なので、撮影方法に問題があると思われます。

アップのシーンは多いですが、いちかちゃんの素晴らしさはいくつかのシーンで堪能できます。ただし、全体的な品質が低く、小鼻やほくろ、お尻の穴周辺などが汚く強調されていて、いちかちゃんが体を張って頑張っているにも関わらず、可哀そうに思います。

松本いちか

松本いちか

松本いちか

松本いちか

松本いちか

松本いちか

松本いちか

松本いちか

松本いちか

松本いちか